日本居住者の皆様へのサービス提供中止について

*現在、ビットコインのレンディングサービスを2019年8月より行っています。詳しくはこのページの下部をご覧下さい。なお、サービスの詳細についてはこちらをご覧下さい。

平素は格別のご高配を賜り誠にありがとうございます。

当社は、今年2019年4月で設立より無事1年を迎える事ができました。有難い事に、ほとんど広告宣伝もしていない状況の中で、当社を信頼しサービスを申込・継続されてこられた方々からは、日々温かいのお言葉の数々を頂き、これからもより一層、皆様のお役に立てるような有益な金融情報配信サービスを行っていくべく、スタッフ一丸となって日々精進を重ねている所存です。

しかしながら、大変遺憾な事なのですが、日本の金融規制に絡んだ諸事情により、日本居住者への新規サービス提供を停止せざるを得なくなってしまいました。当社としてはサービス提供時より、こういった厳格な規制をクリアにすべく最善の方法を模索して参りましたが、やはり包括的な規制による圧力の前では、このような残念な結果を受け入れざるを得ませんでした。今後の方針としましては、これもまだ不確実ではあるのですが、既存のご購読者の方々には、現在のご購読期間が終了するまではサービス提供を継続して参りたく、関係方面と交渉中であります。しかし、万が一、継続が困難な場合は、残余期間に相当する購読料の返金を予定しています。また、新規でのお申込みの受け付けは今後中止せざるを得なくなりました。どのような処置になるかは現時点ではまだ未定ですが、迅速に対処し、ご購読者の皆様の不利益にはならないよう出来得る限り最善の形で処理していきたいと思いますので、何卒ご了承下さいませ。

実のところ、弊社の顧客様の大半は、既に香港や東南アジア在住の日本の方々、法人・団体ということもあり、また、弊社自身がリテール部門だけでなく、機関投資家やヘッジファンド向けへの金融情報提供業務等も併せて行っておりますので、今のところ、会社自身の業務は問題なく継続していける予定でございます。しかしながら、当社のスタッフ1人1人の信念として、先の見えない益々混迷化する社会情勢のなかにあって、個人投資家の方々にも、機関投資家やヘッジファンド同様の常に時代の先端を行く有益な金融情報サービスを出来得るかぎり提供していきたいという思いがあり、非常に難しい状況ではありますが、現在、他の様々な形態・サービス等も思案しております。その件につきましても、近日中に皆様にお伝えできると思いますので、今しばらくお待ちいただけたら幸いです。

それでは、先ずご報告まで。

2019/05/05                                                                                      BitSignX代表  深田

2019/05/12 追記:大変遺憾ではありますが、現在ご購読中の皆様への情報配信についても、ご購読期限を待たずに中断せざるを得なくなりました。従いまして、皆様には、残余配信期間分のご購読料の返金処理を開始します。返金方法については、メールにて個別に通知いたしますので、ご一読頂きまして、ご返信頂けたら幸いです。以上ですが、よろしくご協力お願いいたします。その他の事につきましては、また追ってご連絡いたします。
2019/07/18 追記:皆様には先日からの弊社の一部サービス中止に伴い、大変ご心配及びお手数をおかけいたしましたが、その代わりといたしまして、社内で協議を重ね、現行の金融規制や法律等を考慮しながら熟慮した結果、心機一転、主に個人向けサービスとして、かねてよりご要望の多かったビットコインのレンディングサービスを2019年8月より開始できる運びとなりました。弊社が今まで培ってきた機関投資家やヘッジファンド、大手仮想通貨取引所との強力なパートナーシップで、安全、確実に、世界でも他に類を見ない高利率(月利20%)でお手持ちのビットコインを増やしていくことが可能となりました。大変有利な条件のため、既存のBTCレポートやSTOCKレポートのご購読者の方々には、今回、優先的に先行予約の受付を開始いたします。つきましては、弊社より個々にメールにてご連絡いたしますので、この機会にぜひご参加下さい。なお、レンディングについての詳細はこちらをご覧下さい。